学生ローン返済に余裕がある時は繰り上げ返済しよう

学生ローンを利用している人は、余裕を持って返していくためにリボルビング返済を選択している方が大半です。リボルビング返済は毎月一定額の返済で済むので、学生のようにアルバイト収入で返済をしていく人にとっては優しい返済方法でしょう。
しかしリボルビング返済は借り入れを繰り返すほど完済が遠のき、利息の負担も大きくなることを理解しておかなくてはなりません。

利息の負担を最小限に抑えるためには一括返済が最も望ましい返済方法になります。しかし、学生ローンおすすめの利用者は学生なので一括返済が難しいケースが多く、そうなると多少の負担はあってもリボルビング返済が最良の手段になります。
そこで返済方法を変えることなく、最適な方法を考える必要があるでしょう。

学生ローンで返済の負担を減らすためには繰り上げ返済がおすすめです。
繰り上げ返済とは、お金に余裕があるときに毎月決められた返済日より前にまとめて返済をすることです。すると利息を最小限に済ませることができるのです。
利息は金利、元金残高、返済期間によって大きく変わります。例えば、5万円を年利20%で借りた場合、30日後に一括返済をすると利息は821円になりますが、10日後に繰り上げ返済で一括返済をすると273円で済ませることができます。
元金残高が大きくなり、返済期間が長くなるほど利息の差も多くなるので、学生ローン利用者は繰り上げ返済をしてできるだけ早めの完済を目指しましょう。